こちらでの最後の休日(正確にはあと一日あるが、そこは移動日の為遊んでる余裕はほぼない)。

曙町へのリベンジか、新規開拓か、無難な方にするか、悩んだ挙句【新規開拓】を選択した。
場所は
吉原である。


恐らく誰もが一度は耳にした事があるだろう。
昼ドラにも登場した事がある遊郭地である。

俺は関心がありつつ足を踏み入れてなかったが、関東ではソープには行ってなかった為、有終の美を飾るべく初突入した。

行き方は浅草寺やスカイツリーの時とほぼ同じ。
今はスマホがあるので簡単に辿り着ける。
雰囲気を味わいたい為、事前予約無しだった。


IMG_1812


イメージでは飛田新地みたいな場所だったが実際は全然違っていた。
俺の地元にもあるような風俗街で”特別なもの”は感じなかった。


IMG_1813



IMG_1816



事前調査はしていたので、入る店は2つに絞っていた。


ハニーコレクション

ドルチェ


予算の関係上高級店に入るつもりはない。
もし高級店に入るなら、
先日の出川ガールクラスの子じゃなきゃ



image15


なつかしのネタ



一通り歩いているとと客引きに声をかけられたがスルーした。
そして、ドルチェに行くとすぐに案内できる子が二人いた。

保留にして、コレクションへ。
なんと! 予約いっぱいの為待ち時間4~5時間、との事だった。

周りに時間を潰す場所がない為ドルチェに行き、二人の内の好みの方を選択した。

待合室で待つ事15分。

案内され階段を上ると女の子が待っていた。


見た目はB-ってところか。
めっちゃ可愛いとは言わないが普通に可愛いレベルで、彼女にするなら十分といえるクラスである。
パスドラなら金卵、黒猫なら金の本、白猫テニスなら金球、と言ってもいいだろう。
※金でも幅は広いが。



部屋に入る。



ソープに来るといつも感じる事がある。
それは、ソープ嬢から漂う悲壮感である。

どうやら、ソープ嬢の背景が気になってしまう事が起因していると思われる。

恐らく他の風俗と比較して接客が丁寧だからなのかもしれない。

この娘は何故体を売らなければならなくなったのか?
ハッキリ言って客が考える必要のない事であるが、ついつい考えてしまう。



そこで、

<乃木坂46のメンバーに似てるって言われないですか?>


と、普通の質問から入った。

「乃木坂なんてハードル高いですよ。 でも、有村架純なら言われた事あります。」

有村架純だったら十分ハイレベルではないか、と思いつつ彼女の顔を見ると確かに似ている!

ただ、顔が有村架純にも関わらず俺のテンションが上がらないのは先程述べた悲壮感の所為かもしれない。



この店はJK制服がデフォルトの衣装となっているが、有村さんはあまり似合っていなかったので体操服(もちろんブルマ)をリクエストした。
体操服も似合ってるとは言い難かったが制服よりはマシかな。


通常のソープと同じ流れに入ったが、何故かイソジンは事が終わってからだった。 → 普通は歯磨き後でしょ!?


湯船に一緒に浸かってディープキスをするのが好きだが、前回失敗した教訓からプレイ時間を最短の50分にしていた為かなわず、ベッドへと移動した。
有村さんはディープを好まないのか、キスに関してはソフトだったので満足とはいかず。



プレイ内容に関しては、プレイ前のアンケートに記入する事で嬢に伝える事ができる。
俺は当然受身である。
有村さんの攻めはまぁまぁだったが、手コキの際のフェザータッチは秀逸であわや暴発するところだった。
ちなみに俺は暴発経験はない。 た、多分(- -;)



50分コースだと1回しかいけないようなので、ここでいく訳にはいかない。
正上位の体制で突いたがアソコに関してはイマイチだった。
そこはやはりソープ嬢という職業柄仕方がない部分かもしれない。

終了のタイマーが鳴り始めたので発射!



俺の東京での最後の発射が終わった。


残作業をしながらのトークで、有村さんはこの仕事だけを2年していてクリスマスにも興味が無いとの事だった。
この日はクリスマスでした。
俺みたいなオッサンが興味ないならいいけど、20代前半の若い娘からこのような発言を聞くと何だか残念な気持ちになる。

間違いなく俺よりも多くの恋愛をしてきたのだろうけど、風俗嬢やAV女優のこういう発言に悲壮感を感じてしまう。



そんなに寒くないクリスマスの午後、プレイを終えた俺は恐らくこちらも最後になるであろうネカフェへと向かった。
気温は寒くないけど心は寒かったのは言うまでもない。




●有村さん ・・・ B-
東京はアイドル顔が多いのか、帰りに店のパネルを再確認したら他にもアイドル顔が沢山並んでた。
有村さんは可愛いけど何かが物足りない。それをしばらく考えた。
そして、気付いた!
”明るさ”である。
やっぱり風俗に限らず客商売は明るさが大切。
久々にそれを実感した。


-------------------------------------------------------


本記事で東京編は終了となります。
改めて読み返してみると、[もっと色んな店あっただろう!?]と思えてきます。

回数では体育倉庫がダントツトップでした。
俺的にベストなのは体育倉庫でAランクの優良娘がいて、その娘を指名するって事でしたが叶わず。最初の海荷がキスできれば完璧だったのに。

そして、何と言っても忘れられないのが曙町。
KKブログを読む限りとてもいいエリアに思えるにも関わらず風俗人生最大の失敗を犯してしまう。
風俗王の友人に話したら
「やっぱり風俗は2万超の店に行った方が無難」
との事だった。
※ちなみに、この友人は過去に2万以上払って地雷を引いた事がある為説得力に欠ける。

リベンジする機会は訪れるのだろうか。
多分ないだろうなぁ。

ピンサロはもう行きたくないけど、手コキ店はもう一度くらいは行っておきたかったかもしれない。
次回の東京はいつもの出張なので当然手コキ店に行ってる余裕はない。
東京に遊びに行く機会もほぼないので、今回の滞在が最初で最後かもしれない。


これを書いてる時点(実は正月)でまだ確定していないが、会社を辞めた後の計画も立てている。が、いくつかの道があってどこに進むかは未定。だが、その前にどうしてもやっておきたい事がある。
それは、FKK訪問である。
7~10日くらいでドイツに行ってブンデスを2試合くらい観戦+FKK2,3店舗訪問を実現したい。
予算はどれくらいだろうか。


2017年は楽しみと不安と期待が交錯するけど良い年にしたい。