東京に滞在している時にやってた習い事について、察しのいい人なら分かる事かもしれない。


そう、俺はタイ語教室に通っていた。
期間限定とは言え、東京で生活する上で風俗以外の事にも挑戦したかったのである。
英会話教室は全国どこにでもあるので、やるならばそれ以外の言語にしたい。

なら、英語以外で学習しているタイ語しかない。

そして超久しぶりに習い事をすることとなった。


俺はまずタイ文字の本から入っていったが、この教室では会話(発音)がメインだ。
体験授業の時についたタイ人先生(女)が丁寧で良かったので入会を決めた。
しかも、ナーラックである。


この先生に会うのが毎週のお楽しみとなった。
授業も復習と予習をキッチリしていってるので円滑に進んでいると思う。
自分で言うのも難だが俺は割りかし飲み込みが早い方だと思う。
タイ語が理解しやすいというのもある。

以前、スペイン語の本を読んだが結局覚えられなかった。
タイ語の場合、文法が英語に近いので義務教育を受けてる人ならば取っ付きやすいのではないだろうか。
次回タイへ行くのが楽しみである。


話を戻して、1度実家へ戻った際に先生に土産を買ってきた。簡単なお菓子であったが、美味しかったと言ってくれた。
先日先生も旅行に行ったので、密かに土産を期待していた。もちろん何をくれるかはどうでもよく、気持ちがあれば充分だと。


なかった(−_−;)


見返りを求めていた訳ではないが、少し残念な気持ちになった。
ま、それでもこちらで知人が少ない俺が関わりを持てる貴重な人なので、今後も交流を続けていきたい。


だが、お別れの刻が迫ってきた。
俺が地元に帰省してしまうと、必然的に教室も辞めなければならない。
(大王精子の社長みたいに教室の為に毎週東京に行けるなら話は別だが)

何とかLINEをゲットしたいが、1人の大人として常識のある行動を取りたいので流れに任せたいと思った。 → 結局Getできず。。


「これからもタイ語の勉強を続けてください」


先生が最後に言った。
もちろん続けるとも。


実は来年も東京行きの可能性があるが、その前に退社しているかもしれない。
そして、、