次から東京編と書いておきながら寄り道。
アメトーク や マツコの知らない世界でゾンビ特集をやってたので、先にこちらをアップしたくなりました。

まぁ、ゾンビマニアからすると両者とも内容は薄かったですが^^;。
放送後、有井エリスさんのメイドカフェにも行きましたがゾンビ色は特になかったです。



Zネーション
ウォーキングデッド(以下、TWD) と同じゾンビを題材にしたアメリカドラマです。
TWDはFOXTVで最新版が見れますが、Zネーションは我が家では見る手段がない為TSUTAYAでレンタルしてます。
という事で俺は現在season2の10話までしか見れてません。

TWDと比較してみた。


・ストーリー
これを書いてる時点で2ndシーズン途中だが、目的がはっきりしている点が良い。
TWDは1stシーズンで目的が頓挫してしまい、2ndからは住む場所を探すだけになってしまったから。

・キャラクター
TWDでいうリックみたいな人がいるが…。
意外性はこちらの方が上かな。
あ、この人ここで脱落なんやって感じで。
女性陣についてはTWDと比べて美人さんが少ない気がする。
ちょい役も含め監督がB専なのかと疑ってしまうレベル。
ある意味リアルではあるが…。
あと、無敵キャラもいるのでそいつの使い方によっちゃ楽々目的地に行けるのではないかと。

・ゾンビ
走るタイプが多いが、走る時と走らない時の違いが不明。
特にドーピングタイプという反則級もいたが、戦う時は通常タイプに戻っていたのはご都合主義か!?

・演出
ご都合主義な場面が多いのはフィクションドラマとして仕方がないがTWDとは違った面白さはある。
間違ってもTWDと同じ路線(ゾンビ無視で人間同士の争いがメイン)には行かないで欲しい。
グループ抗争をするくらいなら、いっそのことバイオハザードのアンブレラみたいな組織と戦った方がマシかな。


ドラマではないが「アイアムアヒーロー」も独特なストーリーで面白い。
登場人物は好きになれないけど。

「ハイスクールオブデッド」の方がキャラはいいけど、ネタ切れなのか連載自体がストップしちゃってるし。

日本も思い切ってゾンビドラマをやってみてはどうだろうか?
(※間違えてもイケメンだらけのキャスティングは止めてもらいたいが、変にコメディーチックにするのもNG)


自殺率が世界で上位の国・日本(調べたら思ってたより上がいた)では、こういう『絶望』をテーマにしたドラマはかなり受けるのではないかと思う。