ツイッターの方にはちょこちょこ書いているので、読んでくれてる方がいれば勘付いていると思うが俺は最近関東を拠点にしている。


この日は関東に越してきてから日が浅く、どこに何があるかも分からない。
そこで、近辺を探索する事にした。
俺が住んでいる町の周辺は生活をする(日用品・必需品を購入)という意味では文句無しの良い場所である。
東京都心へも30分程で行ける。

ただ、「遊ぶ」には物足りない場所であり電車で移動しなければならない。
(全然苦ではないが)


蒲田駅周辺をぶらぶらする。
ゲーセン、ドンキホーテ、ツタヤ、ネットカフェ、食事ができる所
一通り確認した。
余談であるがツタヤに関しては俺の地元の方が品揃えが良いような気がする。


ネットカフェでコミックを読む。
真島君、爆ぜる」 
90年代の少年ジャンプ読者なら知ってるだろう。
「真島クンすっとばす!!」
の続編である。


少年誌から成年誌(?)に移ったこともあり内容が過激になっている。
地元のツタヤでは何故か新作が置かれなくなった為、続きが気になりつつ読めてなかった。
俺の地元では近所のネットカフェも潰れてしまい読む機会がなかったのである。


この日は風俗に行くつもりはなかったのだが、この漫画を読んでいるととても変態的なシーンがあり(柳瀬の過去)、興奮してしまった。
そこで、3時間パックの残り時間が30分切ってから蒲田の風俗を検索する。
そこそこ出てきたが中でも目を引いたのが、

世界のあんぷり亭

だった。
理由は手コキ店であった事。
俺はこれまで一度も行った事がない為関東に来たら行こうと考えてた店の一つである。
金額も安い。


ネットカフェを出るとすぐに店に電話。
ぶっちゃけホームページを見ても誰が良いのか分からないので、誰でも良かったのだがこの時は "プレミア" ガール一人だった為仕方なく指名。
※プレミアガールは1kプラス


ホテルというよりはレンタルルームって場所に誘導される。
今まで経験したどの部屋よりも狭かったが一応シャワーはあった(1k)。
部屋番号を伝えると5分しない間に女の子が来た。


はい、普通でした。
普通なのはいいけど "プレミア" 付けてるのはどーよ。
まぁ大事なのは見た目よりもサービスの品質だから、と女の子(Mちゃん)が持参してきたメニューを見る。

「ディープキス ・・・ 2.5k」

高い。
オプション無しで即決。


プレイ開始

俺はトランクス一枚、MちゃんはAKBっぽい服装。
特にそそらない。

トランクスの上から股間を撫で回される。
くすぐったい。
そして、
トランクスの隙間から愚息を直掴みでいじられた。
気持ちいい。
"プレミア"じゃなければ、次もお願いしたいくらいだ。

全裸になるとローションを付けられ亀頭を弄くられる。
20分で2回いってやろうかと考えたが流石に難しいと感じたので1回だけにした。
手コキでも自分でやるのと相手にしてもらうのは全然違う。


やっぱり 「してもらう」 のはいいね。

うまく説明はできないけど、相手に委ねるという事は不安もあるけど、その不安が気持ち良くいける要素でもあるからだ。


そして発射!!

「大量だね」

と最早お決まりとなった台詞を言われる。


こうして、関東での最初のプレイが終わり帰路についた。


●Mちゃん  D
見た目は "プレミア" 付けたらあかんでしょ!って感じ。
Dランクというのはどちらかと言えば普通より劣るかなっという意味で。
都心部じゃないから?!
サービスは良い方だったがエロさが足りない。