2度目のソイ・カウボーイ。
目的地はBaccaraの隣にあるSHARK(シャーク)である。
ここも人気No.2という事で是非行きたいと考えていた。
有言実行。

途中、水着姿の女の子達から、お誘いがあったが
「こういうのに付いていったらどうなるのだろう。ボったくられるのだろうか。」
と考えながらスルーした。

店に入るとババアみたいなウェイトレスが席まで案内してくれた。
てゆーか、何故ババアがいるねん!
実はアラサーだとか?!
ババアが嫌なのではなく、ババアに制服のコスプレをさせてる事が無性に癇に障った(笑)


バカラとは違って席は最前列ではなく通路を挟んで二列目だった。

same

ここではコーラを注文した(酒だと腹を壊しそうな予感がした為。手遅れでしたが)。
嬢の数はバカラ程溢れてはいなかったが、この店も日本人客が多かった。
後から隣に座った二人組や最前列に座ってる人達も明らかに日本人だし。
異国の地ではあるが不思議な感覚だった。

ゴーゴー嬢なのかウェイトレスなのかが不明だったが、店内で他の客の接客をしていた女の子が一人で座っている俺に絡んできた。
何て言ってるかは分からなかったが、股間を握ってきたから 'そういう事' なのだろう。
なでしこジャパンの川澄奈穂美に似てたが、あまり興味がわかなかったので適当にスルーした。


ふと、前を見ると良いルックスの嬢がいたので、何度か視線が合うと笑いかけてくれた。
最近はテレビで見かけなくなったがモデルのマリエに似てる。
他にも良さげな子がいたが距離が離れていたのでじっくりとは見れず(画像の緑)。

何度かマリエと視線でのやり取りを繰り返す。
マリエも良いがそのお友達も可愛い!
下半身の肉付きでは、お友達の方が俺好みではあった。

徐々にこの二人から何か話しかけられるようになったが、何を言ってるかは分からない。
適当に笑顔を返す。
距離が離れてる事もあるが。
後で聞いた話だと、俺の反応がウブっぽくて面白かったのだそうだ。

よし、マリエをお持ち帰りしよう。
ババアにナンバーを伝えるがなかなか伝わらない。
そこでスマホ取り出して数字を打った。
次からは紙とペンを用意しておこうと思った。

ようやくマリエが隣に来た。
タイミング悪く再び川澄ちゃんが俺にちょっかい出そうとしていたが、マリエが来たのが分かると無言で立ち去った。
やっぱりモデルクラスは格が違う。
スタイルは本物に負けず劣らずだが、欲を言えばもうちょい肉が付いていればってとこだろうか。
マリエもそこそこの日本語が話せるので、どこで習ったのか聞いたら
「語学学校」
のようだった。

<隣の友達と俺の事を何て話してたの?>

「すごく恥ずかしそうにしてるから見てて面白かった」

これはベッドの上でヒィヒィ言わせてやらねば。
ペイバー!


マリエも私服は清楚系だった。
ただ、ぱるるとは違ってホテルまでの道中手を繋いで移動した。
ちょっとした恋人気分(*´∀`*)
身長170cmの女子と手を繋いで歩いた事など一度もない。
異国の地であるとはいえ緊張した。

ホテルに到着するとシャワーを浴びるのだが、マリエは恥ずかしがって一緒に浴びてはくれなかった。
(初めてじゃないのに恥ずかしいもクソもないだろ)
俺がシャワーから出るとマリエは布団に潜っていて臨戦態勢に入っていた。
座位の逆バージョン(男が女の上に乗っかる)で抱きつく。
キスNGが残念だったがお互いに体を舐め回す。

やってて気付いた事があるが、実質風俗嬢とのプレイであるにも関わらず、風俗嬢とプレイしている感じがしない。
ぱるるの時もそうだった。
そこが≪お店との違い≫なのだろう。
疑似恋愛という言葉もあるが、何となく分かってきたのかもしれない。
店でするよりも数倍いいぞ、これ!!


マリエとは騎乗位からスタート、ぱるる程ではなかったがこれまた気持ちいい!
俺も負けじと腰を振る。
マリエも相当エロい性格らしく、何も言わなくても乳首を舐めてきた。
バック → 正常位 → 騎乗位でフィニッシュ!!

マリエも精子の量に驚いていたが、つい先程ぱるるとやった事はもちろん言っていない。

ふと面白い事を思いついた。

<一緒に踊ってた友達も呼んで3Pはできる?>

「もちろんできるよ。 是非3Pしましょ!」

楽しみが増えた。
他の場所もまわってみたいので、時間と金に余裕があれば人生初の3Pするぞ!!
と胸に誓った。


一日目を終えて、今年の遠征 ~プログラム~とほぼ同じ流れでいけた。

0.空港 ~ kさんのお迎えまで空港内で時間を潰す
1.ホテル ~ 早朝
2.両替 
3.観光
4.PM8時頃解散
5.ソイカウボーイ ~ 気に入った子がいればショートで1発目
6.ナナプラザ ~ 気に入った子がいればショートで2発目

4.が9時過ぎになった事と 6. には行かず 5. で2発になった部分が計算外だが、旅に誤算はつきものである事を考慮すると上出来と言ってもよいだろう。


時間は既に深夜2時をまわっていた。
明日はまた観光が控えている。
長い一日が終わった。



●マリエ A-
モデル体型で美しい体だった。
短い時間ではあったが恋人感覚も味わえた。
性格も良い!