このブログは基本的に過去の経験を書いています。
何年も前の出来事もあれば昨年の経験もあります。
「婚活シリーズ」に関しては今年の話です。
今回の記事は比較的新しいです。
分かる人にしか分かりませんが10年程前のWWEみたいですね^^;
リアルタイムで書きたいですが、興奮状態で書くとグダグダになりそうなので間を空けてアップしてます。

---------------------------------------------

最近C+さんの事ばかりが気になってしまう。
これが恋というやつだったのか?
何度も書くが本当に久しぶりの感覚なので二十歳前後の頃を思い出す。
私は '熱しやすく冷めやすい性格' なので惚れようとすればすぐに惚れる事ができるのだと思う。
仕事に集中できませぬ^^;


相変わらずLINEのやり取りが少な過ぎるので会えない日に相手は何を考えているのだろうか、
実は他にも候補者がいて並行(悪く言えば二股をかけられている)されているのかとも考えたりした。

一つ分かった事だが、会えない日が続いて且つLINE等のやり取りが極端に少ないと、上記記載内容とは矛盾しますが気持ちが冷めてきます。
そのピークはやはり1週間ですね。 やり取りが少ないまま1週間過ぎると会いたい気持ちの他に少々の面倒臭さが現れます。
これは初めての経験です。 ですので会えない日が2週間以上とかになってくると確実に冷めると思います。
※※※あくまで日常の些細な会話すらない状態が続いたらの話です。※※※



前回は移動時間も含めて約3時間一緒に過ごした。
今回は丸一日となる。
距離を縮めるには絶好のチャンスである。
しかも、とあるパワースポットに行くので車中で過ごす時間が長いし、現場も人がそれ程いないはずなので[ほとんど2人きり]になれる。
(早い気もするが)告白するぞー!!


と、その前に大事な事があった。
この日は2月である。 そう、バレンタインデーがある。
この日は14日ではないが、もし今回会ってチョコがもらえないなんて事があれば一気にC+さんとの脈がなくなってしまうのではないか!?

私がC+さんの立場なら絶対渡すと思うが、付き合いたくないと考えていた場合はチョコなんて持参しない。
考えれば考えるほど不安になってきた・ω・
だから、可能であればバレンタインよりも前の日に2回目のデートをしたかった。。


残念だったのがパワースポットへ行く予定が生憎の天候の為変更したいと前日に言われた。
変更するのは構わない。 予想通りではあったが案は出してもらえず。
急遽私が考えなければならなかった。 こういう時に普段からのやり取りがないのは辛い。
普通なら事前に候補地を伝えて確定させるべきなのだがそれができない。
どうせ「思いつかない」って言われるに違いない。
直接会って伝えて全部却下だったらどうすんの? って感じである。
ボーリングとかカラオケとか、優劣がついてしまうものは微妙ですし、映画は無難だが碌なものが上映されていない。
見たいのが異なったら最悪である。(その昔、恋空という最低最悪の糞映画を見せられた苦い思い出がある)
ドライブ時間を長くして目的地では飯食って帰宅する、がベストかなと思った。


「チョコをくれ~ 頼む!!」 と願いながらC+さんを待ち合わせ場所で拾った。


結論から書くとチョコはもらえなかった(TT)
C+さんの服装は前回と似ていた。 特筆すべきはない。
行き先は昨年できた大型ショッピングモールである。
待ち合わせ場所からは3時間弱かかるので、それまでに色々と話ができた。
始めは好きなテレビ番組について。 お笑い番組が好きだったそうで10年以上前に放送された番組の話をした。
そういうしょうもない話をしつつ、結婚についての話を折り混ぜるところが不思議な感じがしたがこれが婚活なのか!?
子供は何人欲しい? 教育に力を入れるか? 共働きにするか? 小遣いは?
普通に知り合ってデートに誘った相手とはここまで突っ込んだ話はしないだろう。


慣れない道をカーナビに従って走っていたので時々カーナビの声が聞き取れず少々恐かったが無事に目的地に到着。
カーナビの声が字幕で出てくれればよいのにと思った。
早速昼飯を取りにフードコートに行ったが、平日なのにすごい人。
昼飯を食べながらも子供について話をした。


食べ終わると動物園(どちらかと言えば水族館)へ。

517

個人的には15年以上ぶりだった。
動物嫌いでなければデートスポットに最適ですね!
私はデートに利用したのは初めてだった。
手を繋ぎたかったが空気を読んで我慢した。
何度か元彼の話が出たがその人とは手を繋ぐのに数ヶ月かかったらしい。
私はそこまで到達するのにどれくらいかかるだろうか。

その後モール内をぶらぶらした。
財布の中身が気になったがいざという時はカードがある。
幸いおねだりはなかった∵ 彼女も空気を読んだのだろう。 まだ付き合ってる訳じゃないしね。


夕刻、帰路に向け出発。
ここで私は行きと同様、金はかかるが最短ルートをナビに入力しようとした。
するとC+さんが『距離優先』に修正した。 「この方がよい」との事だが、結果的に時間が延びた。
都合の良い考え方をすると、「私と居る時間を延ばしたかったのかな」なんて考えたりしたが、チョコはもらえなかったという現実。

帰りの道中でも結婚の話がメインとなった。
結婚や子育て、夫婦関係に関する考え方がしっかりしてたので、そこは非常にプラス要素であった。
マイナス要素があるとすれば、彼女の家庭・友人環境かなと思う。


途中の定食屋で晩飯を食べ、彼女を待ち合わせた場所で降ろそうとしたら「もうちょい先まで行って」と言われ、かなり先にあった彼女の自宅付近で降ろした。
これは距離が縮まったと解釈してよいのだろうか。 C+さんの考えが分からない。

デート前は「告白するぞー」と意気込んでいたがチョコがもらえなかった為見送る事にした。
いずれにせよ一つの節目という意味で決着は近いだろう。


今回一番危なかったのは私のスマホの過去写真が見られそうになった事である。
タイのNちゃんとの2ショット写真は近々消去しようと思う。
もちろん野原ひろし形式で別の場所(私のPC)に退避させてからである。